ハブ対策用具販売


商 品 名金  額
(消費税8%込)
ハブ捕獲棒(ヘビ捕獲棒)11,880円
アスピブナン(ハブ毒吸引器)4,536円
ハブノック・ネオ3,456円
ハブ捕獲器(箱 型)9,288円
ハブ捕獲器(マウス不要型三角トラップ)4,320円
防蛇網(1m×50m 網目6mm)7,128円
防蛇網(1m×50m 網目9mm)6,912円
マウス(1匹) ※窓口販売のみ432円
マウス用餌(100g) ※窓口販売のみ77円
マウス用餌(20kg) ※窓口販売のみ7,200円

※窓口で直接購入される方は、お越しの前に在庫確認のお電話をお願いします。

※ 金額は税込価格です。
※ 掲載されていない商品もあります。お問合せください。
※ マウスは生き物なので窓口販売のみでの取扱となります。
  また、生育状況によっては販売出来ない事もあります。ご了承ください。
※ 送料はお客様の負担になります。
※ 銀行振込時の控えを以って領収証に代えさせていただきます。
  別途、当協会からの領収証が必要な方はご連絡下さい。

  詳しくは電話・FAX・E-Mailでお問い合わせください。
  TEL:098-945-2686
  FAX:098-945-3973
  E-Mail:info@koeikyo.com

第一種動物取扱業に関する表示


 

ハブ捕獲棒(ヘビ捕獲棒)

ハブ捕獲棒(ヘビ捕獲棒)
ハブ捕獲棒はヘビ類を捕獲(生け捕り)にするためのものです。
捕獲部分から握り手までの長さが約1.5mのアルミパイプ、捕獲部分はステンレスの日本製です。

【ハブ捕獲棒使用方法 PDF】

【取り扱い】
1.ストッパーをはずし、ハブの首(頭部後の細い部分)をはずれない程度にはさむ。
2.鎖状のストッパーをかける(チェーンのくびれ部分を切り口に差し込む)。これで握り手を離してもはずれません。

【注意事項】
・ハブの取り扱いには十分に注意してください。万一ハブに咬まれても当方では責任は負いかねます。
・バネやワイヤーが錆びますと使えなくなる恐れがあります。錆止めなど適宜メンテナンスを行ってください。
・子どもの手の届かない所に保管して下さい。


 

アスピブナン(ハブ毒吸引器)

アスピブナンアスピブナン中身
本品の使用はどこまでも応急処置であると考え、出来るだけ迅速に医師の手当を受けてください。

【アスピブナン使用方法 PDF】

【取り扱い】
1.傷口に最も適した大きさの吸盤を選び、本体に取付けて下さい。
2.ピストンを完全に引き上げ、吸盤を傷口が中央にあたるように押し当てて下さい。
3.吸盤を密着させたまま、ピストンを最後まで押し下げ、1〜2分間そのまま吸引の状態を保っていると毒物が吸い出されます。尚、繰り返し吸引を行なって下さい。
  ※ピストンを最後まで押し下げないと吸引されません。ご注意下さい。
4.静かにピストンを再び引き上げると、吸盤は自然に傷口から離れます。最後に傷口を消毒してください。

【注意事項】
・手当を済ませたら、アスピブナンのカップを外し、ついている毒液を全部洗い流し、カップを消毒して下さい。但し、「アスピブナン」の本体は洗わないで下さい。本体内部のメカニズムを濡らしたり、プラスチックシリンダーに亀裂が生じると吸引力がなくなり、使用できなくなります。
・まぶたや唇など皮膚の敏感な所には使用しないで下さい。
・子どもの手の届かない所に保管して下さい。
・高温になる場所に長時間放置すると内部のメカニズムが破損する事があります。
・血液感染のおそれがありますので、共用は避けて下さい。

 

ハブノック・ネオ

ハブノック・ネオ

【取り扱い】
1.ハブにとびかかられないように十分離れてハブに噴射し5秒以上たっぷり薬剤をかけること。噴射した後3〜5時間で衰弱しその後死亡します。その間は近づかないこと。
2.効果が出ると、ハブは苦悶し激しく動き回ることがあるのでこの間は近づかないこと。また、周囲の人に注意を喚起すること。
3.ハブが確実に死亡したことを確かめてから近づくこと。

【注意事項】
・お使いになる前に説明書きをよくお読み下さい。

 

ハブ捕獲器(箱型)


左:ハブ捕獲器・外観  右:ハブ捕獲器・内部

おとりのネズミを食べようとしたハブを捕らえる捕獲器です。

【取り扱い】
1.水・餌・ネズミを入れます。
2.蓋をして、ハブがいそうな日陰に置きます。
3.2〜4週間に一度見回ります。まず捕獲器を裏返しにしハブを探します。
4.ハブが捕れていれば、捕獲器ごと袋か箱に入れます。ハブがいなければ蓋を開け、ごみなどを取り除きネズミの水と餌を補給します。
【注意事項】
・ネズミは熱に弱いので、捕獲器は日のあたらない場所に置いてください。また運搬時は車のトランクなどにいれないようにしてください。
・最低2ヶ月は同じ場所で設置します。2、3ヶ月ごとに場所を変えるとよく捕れます。

 

ハブ捕獲器(マウス不要型三角トラップ)

ハブが壁沿いに移動する性質を利用してハブを捕らえる捕獲器です。ハブをよく見かける屋敷囲いや建物の壁、フェンス沿いに置いて使います。

【取り扱い】
1.ハブをよく見かける場所か、抜け殻のある場所の近くの壁に密着させて捕獲器を置きます。
2.捕獲器が動かないようにブロック等を乗せて固定します。
3.トラップは壁に20mに一台くらい置くと効果があがります。

【注意事項】
・時々ハブが入っていないかを確認してください。
・ハブが入っている場合は、肥料袋などに捕獲器ごといれて袋の口をしっかり縛り、袋ごと市町村役場等に持っていってください。自分でハブを取り出すのは危険ですので、絶対にやらないでください。
・入口に落ち葉などが詰まっていたら取り除いてください。

 

ページの先頭へ